韓国語を勉強すれば隣国の情報を正確に収集できる

菊だけで英会話を鍛える

英語

今はどの仕事をするに際しても、英語は必要不可欠と言ってもよいほど、英語は重要な言語になっています。特に社会人になると、読み書きよりもコミュニケーションを取れることが大切です。そうであれば、英会話の強化を重視したスピードラーニングがお勧めです。

More Detail

聞いて覚える英会話

ウーマン

英会話の教材で何が良いのか迷ったら、スピードラーニングなどの口コミを見て比較すると良いでしょう。短時間聞き流すだけでよいスピードラーニングは、使う会話を重点的に学べるところも評価されている英会話教材です。

More Detail

語学のスキルをアップ

勉強

イギリス留学は、学位取得などの他にも、短期で実施している人たちも多くなっています。基本となる英語でのレッスンを通じて、資格・語学習得をしている人もいるのです。イギリスへ留学をした場合、英語を母国語とする本場の英語を習得する事にも繋がります。

More Detail

言葉が通じる喜びを

韓国語

ある程度学んだら

韓流ドラマやK-POPなどを例に、韓国の文化的が日本に大きく浸透してきていることから、韓国語を勉強したいという女性が増えています。スクールや通信教育を活用して勉強する方もいれば、個人で書籍を購入して自宅学習に励んでいる方もたくさんいらっしゃいます。韓国語に限らず語学のレベルアップをはかるためには、ひたすら学ぶだけではなく活用することも大変重要となります。したがって、独学の場合、ある程度感覚をつかんできたら、韓国旅行に行ってみたり、国内に見られるコリア・タウンを訪問して活用してみるなどの工夫を行いましょう。国内を代表するようなコリア・タウンを訪問すれば、多くの韓国語が飛び交っており、本場と大きな差もありません。意思疎通ができる喜びは、韓国語を勉強するモチベーションアップにもつながることですから、ぜひ、実践してみてください。

カタカナ読みに慣れない

韓国語の勉強を進めていく中で最初の壁となるのは、母音が日本語よりもはるかに多いところと言えるでしょう。具体的には、韓国語では基本母音が10種類あり、加えて二重母音と呼ばれるものが11種類もあり、日本語の5種類に比べると格段に多くなります。読み書きはできるようになったとしても、相手に通じるように発音することは、わたしたち日本人にとって容易なものではありません。そして、初心者向けの韓国語の参考書を読んでいると、ハングル文字にカタカナで発音が表記されているケースがほとんどです。しかし、これを鵜呑みにして、そのままの日本語として発音する癖が付いてしまうと、これを後で修正する必要が出るため、注意しなければなりません。そこで、カタカナ表記を参考にすることは避け、注意深く聞き、発音することを繰り返すことで、このような回り道を避けることができます。